AGAクリニックでかかる費用を抑える方法

AGAクリニックでかかる費用を抑える方法

agaの治療方法にはどんなものがあるのか?

 

agaの治療を受けるまでには様々な葛藤があり、ようやく医療を受ける決心はつけたのにどこの病院で治療を受けたらいいのかに迷ってしまうという場合、自分がどういう効果を望むかによって決めるのも良いでしょう。

 

例えば薄毛の状態はそれほどひどくはないので、とりあえず現状維持するだけで良いのであればaga治療を行っている一般病院でも受けることができます。内科や皮膚科、美容皮膚科などで行なっていることが多いです。そして薄毛の状態が進行中でこれ以上の進行を止めたい、そして改善もしたいという場合は専門クリニックを訪れたほうが良いです。

 

 

aga治療方法は大きく分けて2つあります。

1つは一般病院などでも行なっている内服薬と外用薬の併用による治療です。薄毛の治療で有名なのは内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルです。プロペシアにはフィナステリドという成分が主に使われており、これ以上脱毛しないようにする効果があります。

 

そしてミノキシジルは2種類あって、1つは頭皮に薬を塗る外用薬と錠剤を飲む内服薬です。ミノキシジルはもともとは血管拡張剤として開発されたもので、後に毛母細胞の活性化をする効果もあるとして薄毛治療にも用いられるようになりました。こちらは毛を生やすことを目的として使われます。

 

プロペシアは国内のaga治療をしている一般病院でならどこででも購入することができますが、ミノキシジルはaga専門クリニックでなければ購入することができません。この2つの併用をすることは海外でも一般的なのですが、強い作用がある薬なので、ミノキシジルを服用する場合は個人の症状や体調にあわせて調整したものを服用することになります。

 

 

そしてもう1つが成長因子を用いて施術を行なうという治療方法です。

 

これはaga専門クリニックでのみ行っており、育毛メソセラピーやHARG療法と呼ばれています。どちらも頭皮に直接発毛促進する成長因子を注入するというものです。

 

どのように施術を行なうかはクリニックによって違いますが、ニードル、レーザー、ローラー、ノーニードルがあります。

 

ニードルは注射のことで、頭皮に直接注入するやり方です。レーザーは痛みが全くない方法で、頭皮にレーザーをあてて角質層に小さな穴を開け、その隙間から発毛促進する成分を注入します。ローラーはダーマローラーと呼ばれる極細の針付きのローラーを頭皮の上で転がすという方法です。

 

このローラーで頭皮に小さな穴を開けて成分を浸透させます。痛みや出血はほとんどありません。ノーニードルは針や注射を使わない電気穿孔法という方法なので、痛みが全くないのが特徴です。どうしても痛みを感じたくないという方にはブロック麻酔や表面麻酔などをしてくれますので聞いてみるといいでしょう。

 

HARG療法と育毛メソセラピーの違いはあまりなく、HAR療法の場合、この注入する成分の中に独特のHARGパウダーと呼ばれるパウダーが入っているものを使っています。育毛メソセラピーの場合はミノキシジルなどの薬、それぞれのクリニックが開発した成長分子やビタミン、アミノ酸などを含む栄養素を注入しています。

 

これらの方法は必ずしなければいけないものではなくオプションのようなもので、希望者に行なうことがほとんどです。

 

agaの治療に使われる薬のジェネリック医薬品はどんなものか

agaの治療で使われる薬で有名なのはプロペシアとミノキシジルです。特に内服薬としてはプロペシアが有名です。

 

ミノキシジルも内服薬として使われることがありますが、プロペシアを内服薬としてる場合は外用薬として利用されることが多いです。専門クリニックなどで治療を受けない時には自分で市販の育毛剤を使って現状維持をしたり、少しでも発毛させようと努力をするものですが、国内でプロペシアを購入できるのは医療機関のみです。

 

またプロペシアの場合、1箱に28錠ほど入っており、これが1か月分として処方されることがほとんどです。しかしプロペシアは先発医薬品なので1箱で7000円前後かかってしまいます。

 

これでは続けたくても経済的には負担がかかってしまいます。そこで注目したいのがジェネリック医薬品と呼ばれる薬の存在です。

 

ジェネリックは先発医薬品の特許が切れたものを利用して同じ成分を使っていながらリーズナブルな価格で提供しています。もちろんプロペシアにもいくうかのジェネリックがあります。しかも後発医薬品の場合、1箱あたり100錠ほど入っていてもプロペシアの3分の1ほどの価格で購入することができます。それだけの価格差があれば費用は全く違うものになってきます。

 

ただし日本国内ではジェネリックは販売されていません。もし販売していたとしたらそれは偽物の可能性が高いです。怪しいので手を出さないようにしましょう。

 

正規の医薬品会社で製造されているものは海外から個人輸入をする必要があります。一度に購入できる量にはもちろん制限がありますが、先発医薬品をずっと購入し続けていくことを考えればかなり節約することができます。

 

個人輸入は自分で最初から最後までできる自信がある方であれば問題ないのですが、やはり個人輸入代行業者の利用をオススメします。個人輸入代行業者は質の悪い人もいますので、必ず口コミなどを参考にして信頼できる業者を探しましょう。大手の個人輸入代行業者であれば口コミも多いので、まずはそういうところを探してみるのが良いです。

 

例えば偽物ですと同じ箱に入ってはいるけれど中身は実はただのビタミンだけだったりすることもありますので注意が必要です。ビタミンであれば体への害はそれほど心配しなくても良いですが、中にはわけのわからない成分を入れて効果抜群とうたっているものもあります。薄毛の内服薬は長く飲み続けなければいけないものなので、注意は十分にしましょう。

 

ちなみに効果が出たからといってプロペシアなどの薬の服用をやめてしまうと、また脱毛が進行していきますので薄毛は悪化してしまいます。

 

そのため一度のみ出したら一生飲んでいくという覚悟をしておく必要があります。そのような長期間服用するものであるからには費用面はとても気になる部分なので、自分できちんと1年間に必要な費用などを計算してみるのも良いです。個人輸入はあくまでも自己責任となっていますので、どうしても海外のものには不安があるという方は多少費用面で負担が大きくなったとしてもプロペシアの服用を考えてみるほうが良いのではないでしょうか。

 

プロペシアであれば医療機関で使われているちゃんとしたものですから、何か体に悪いものが入ってるのではと心配する必要がないのです。

 

 

agaの治療でかかる総額はどれくらい?

agaの治療で総額どれくらいかかるのかはどんな治療を受けるかによって違います。しかし毎月薬代、また診察費などがかかりますし、専門クリニックで育毛メソセラピーなどを追加で受けるとなるとかなりの出費になります。

 

薬だけだとしても大体年間で20万円弱かかります。育毛メソセラピーやそのクリニック独特の薬などを使用した場合は1か月で10万円かかってしまうこともあります。

 

保険適用にならない薄毛治療は価格の設定は各医療機関にゆだねられているので、それぞれで違いがあるのです。ですから治療を始めたいと考えたらなるべく早い段階でクリニックなどを訪れるようにしたほうが良いでしょう。

 

なぜなら病気と同じで時間がたてばたつほど症状は進行してしまうからです。

関連ページ

aga治療してない?いつまで続ける実はコスパが悪い育毛剤!
aga対策として、費用の安い育毛剤を利用する人は少なくありませんが、効果が出ないために長期的に続けた結果、コスパとしてはそれほどよくなかったというケースもあります。
AGAクリニックでの治療の流れとトータルの総額について
agaクリニックの治療は、内容によっても異なりますが、内服や塗薬の処方であれば費用総額もそれほど高額ではありませんし、比較的気軽に続けることができておすすめです。
育毛サロンに通い続けたら発毛する?
育毛サロンに通い続けても、発毛の限界があります。育毛剤だけでも結果を期待できませんし、agaの治療では、費用が高くても結果が出る医療機関での治療を選ぶほうがお金をムダにせずに済みます。
保険が適用されないAGA治療の費用
agaの治療は専門クリニックや病院で受ける場合は自由診療になるので、高額な費用がかかります。ただし検査をいろいろするので結果は確実に出すことができ、改善を目指せます。
時間とお金、ムダなくAGA治療の結果を出すならココを抑える!
AGAスキンクリニックでのaga治療は99.4%の発毛率を持つと言われており、育毛剤などと比べると、費用や総額は多くなるものの、治療時間が短いなどの特徴が在ります。 また、患者さんの状態に応じて幾つかの治療法が用意されているのもAGAスキンクリニックの特徴です。"
抜け毛の原因から解決!AGA治療クリニックがおすすめの理由
agaスキンクリニックを利用すれば、薄毛や抜け毛の根本的な治療を実現できます。 明確な理由で薄毛や抜け毛の原因を特定して、最小限の費用で問題を解決できるためおすすめなのです。
AGA治療をするなら専門クリニックがおすすめ
agaの治療を受ける場合、一般病院ならば美容皮膚科、発毛を必ずさせたいという方は専門医がいる専門クリニックで治療を受けるといいです。費用は保険適用となりませんから、全て実費です。
AGAスキンリニックの治療費用について
agaの治療では費用のことが気になりますが、育毛剤や育毛サロンでは限界がありますし、発毛率のことを考えればAGAスキンクリニックを利用したほうが総額ではムダがありません。