保険が適用されないAGA治療の費用

保険が適用されないAGA治療の費用を少しでの安く抑えるには!

aga治療は自由診療なので保険適用にはならない!

 

agaに悩む方は20代から4、50代、さらに上の年齢の方と非常に幅広く、薄毛の治療に踏み込むまではとても悩んでいた方も少なくありません。

 

薄毛のことが恥ずかしくてという方もいらっしゃれば、agaを改善するまでにかかるであろう費用のことが気になってなかなか治療をできないという方もいます。

 

agaは保険適用をされないことは有名です。治療を受ける際には一般の薄毛改善の治療を行っている病院と専門クリニックに行く方法とがあります。この2つのどちらで治療を受けるにしても自由診療扱いとなりますから、保険適用とはなりません。特に専用クリニックで治療を受けることを決めた場合、効果に関しては改善を期待できますが、一般的な病院での治療に比べても検査を細かくしたり、治療方法にもいくつか種類があったりして個人の薄毛の状態を調べた上で治療に入っていきますので費用は一般的な病院よりも高くなってしまう場合があります。

 

ただ結果はしっかりと出すことができますので、自由診療であったとしてもその費用が無駄になってしまうということがありません。

 

薄毛の治療は飲み薬の服用と育毛剤の使用をして改善を目指すというものになります。この時に使われる飲み薬はフィナステリドという成分が入っているプロペシアが主になっており、育毛剤に使われるのはミノキシジルという成分のものです。

 

この2つの薬はとても有名です。一般的な病気とは違って、薄毛の治療はどうしてもしなければいけないものではないので保険の適用とはならないのです。これは厚生労働省が定めた健康保険を使える病気のリストに薄毛治療が入っていないためです。目のレーシックや歯のインプラントと同じような扱いということになります。ですから、治療費の設定は各クリニックによって違いがあります。

 

もし治療を受けたいというのであれば、まずはいろんな病院や専門クリニックなどの治療費を見比べてみるのも良いでしょう。

 

相談するだけであれば無料だったり、お試しで1度だけ治療を体験してみることができるところもあります。風邪などの短期間で改善する病気とは違って、薄毛治療は長期間ずっと治療を受けなければいけないものです。

 

なぜならaga治療の薬の服用をストップしてしまうと再び薄毛になってしまうからです。つまり効果を維持したければずっと薬の服用をしなければいけません。そのような状態で相性があわない病院やクリニックに通うというのはあまり良いことではありません。

 

ですから、まずは相性が良く、根気よく通うことができるところを見つけましょう。もちろん医師やスタッフとの相性だけではなく、費用面でも自分が納得して通えるところがベストです。

 

 

市販で購入した育毛剤を毎日使い続けて改善を目指すという方法もあります。

 

しかしそれも自分の髪の状態にあわなければ逆効果となってしまうことも考えられます。ですから根本から治したいと思えば、専門クリニックで検査をして薄毛の原因なども探った上で改善を目指すほうが結果を出すには良いでしょう。

 

それでは薄毛治療を受けて高額医療費控除を受けることができるのでしょうか。高額医療費控除を受けられない条件には容姿を美化し、容姿を変えるなどのための費用は医療費に該当しないと書かれており、こちらも受けられないということがわかります。

 

 

agaで高額な費用をかけずに改善するには?

自分がどのような状態にまで髪の状態をもっていきたいのかということをまず考えてみましょう。軽度なので現状維持できればいいのか、それとも完全に改善を目指したいのか、それによっても治療をどういう風にしていくかが変わります。

 

例えば軽度であれば自分で薄毛対策の飲み薬を購入して市販の育毛剤を使いながら改善を目指していくという方法があります。薄毛対策の飲み薬といえばプロペシアですが、1箱で28錠入りのものが5000円前後します。

 

しかしもっと安く同じ成分が使われている薬を使うことで安くすませることができ、さらにほとんど変わらない効果を得ることができるものがあります。それがジェネリック医薬品の利用です。ジェネリック医薬品のほとんどは国内でまだ許可がされていないものばかりなので、海外から個人輸入をするという形になります。

 

個人輸入をするにはほとんどの場合、個人輸入代行業者を利用します。インターネットで検索すればいくつかの業者はすぐに見つけることができます。しかしここで注意しておきたいのは似た偽物を販売している悪徳業者も存在しているということです。

 

見た目だけ似せて中身が全く効果がないサプリメントのようなものをジェネリック医薬品だと売っているところもあるのです。ですから、個人輸入でジェネリック医薬品を手に入れたいと思ったらまずは信頼できる業者を見つけましょう。薄毛改善を目指している先輩方はたくさんいますから、実際に購入して使っているなどの口コミを見てみるのも良いです。

 

ジェネリック医薬品はいろいろありますが、価格は例えば1箱で100錠ほど入っていて2800円しないくらいになっているのでとてもリーズナブルです。なぜプロペシアとジェネリック医薬品でここまで価格が違うのかといいますと、プロペシアは先発医薬品と呼ばれるもので、薬として販売できる状態にまでもっていくまでの開発費分も上乗せされているからです。

 

薬を作り上げると特許申請されます。その特許の期限が切れてしまっていれば他の医薬品会社が製造をすることでコストを抑えることができ、これが後発医薬品と呼ばれるジェネリックのことです。製造している会社が違うだけで使われている成分は同じです。そのため効果に違いもなく、安い価格で購入することができるようになるというわけです。

 

もちろんaga専門クリニックへ通うことで薄毛の原因をはっきりと知ることができ、それに直接アタックすることで確実にagaの改善をしていくことは可能です。しかし治療薬の服用をやめてしまうことでまた元通りになってしまうことを考えると、効果を維持するためには一生薬を飲み続けるしかありません。

 

専門クリニックでもある程度の効果を出すことができたらあとは維持をすることに目を向けることになります。ですからまずは市販の育毛剤やジェネリック医薬品で改善を目指してみて、どうしても改善が見られなかった場合に専門クリニックを訪れてみるというのも一つの方法ではあります。
ただ覚えておいたほうがいいのは、病気の治療と同じで薄毛の治療も早めの段階で治療を始めたほうが改善するまでの期間が短くてすむということです。

 

自分で改善を目指すことから始める場合は、もし改善がなかなかあらわれなかった時に専門クリニックへの切り替える時期をしっかり見極めましょう。

 

 

aga治療で結果をしっかり出すために

agaの改善を目指すためには2つの方法があります。

 

市販の育毛剤と海外のジェネリック医薬品を服用することで自分である程度の改善を目指したり状態を維持するか、専門のクリニックや薄毛治療を行っている病院で改善を目指すかです。

 

自分で行なう場合は費用は抑えることができますが、効果が出るかはやってみなければわかりません。aga専門クリニックや病院で治療をする場合、保険適用ではなく自由診療なので高額な医療費がかかってしまう代わりに薄毛の原因をしっかりと探り、その原因に対して対策することで確実に改善を目指すことができます。

 

ただ薬の服用をやめてしまうと結局また薄毛に戻ってしまうので一生クリニックに通って治療を受けたり維持をしたりする必要があります。どちらを選ぶかは自分がどうしたいのかで決めるのが良いです。

 

関連ページ

aga治療してない?いつまで続ける実はコスパが悪い育毛剤!
aga対策として、費用の安い育毛剤を利用する人は少なくありませんが、効果が出ないために長期的に続けた結果、コスパとしてはそれほどよくなかったというケースもあります。
AGAクリニックでの治療の流れとトータルの総額について
agaクリニックの治療は、内容によっても異なりますが、内服や塗薬の処方であれば費用総額もそれほど高額ではありませんし、比較的気軽に続けることができておすすめです。
育毛サロンに通い続けたら発毛する?
育毛サロンに通い続けても、発毛の限界があります。育毛剤だけでも結果を期待できませんし、agaの治療では、費用が高くても結果が出る医療機関での治療を選ぶほうがお金をムダにせずに済みます。
時間とお金、ムダなくAGA治療の結果を出すならココを抑える!
AGAスキンクリニックでのaga治療は99.4%の発毛率を持つと言われており、育毛剤などと比べると、費用や総額は多くなるものの、治療時間が短いなどの特徴が在ります。 また、患者さんの状態に応じて幾つかの治療法が用意されているのもAGAスキンクリニックの特徴です。"
AGAクリニックでかかる費用を抑える方法
agaの治療方法には薬のみで行なうものと育毛メソセラピーやHARG療法などの成長因子を利用したものがあります。薄毛に効果的な薬として有名なプロペシアにはジェネリック医薬品があり、現状維持のみであれば個人輸入をして利用するのもありです。年間の費用の総額はどのような治療を行うかによって違います。
抜け毛の原因から解決!AGA治療クリニックがおすすめの理由
agaスキンクリニックを利用すれば、薄毛や抜け毛の根本的な治療を実現できます。 明確な理由で薄毛や抜け毛の原因を特定して、最小限の費用で問題を解決できるためおすすめなのです。
AGA治療をするなら専門クリニックがおすすめ
agaの治療を受ける場合、一般病院ならば美容皮膚科、発毛を必ずさせたいという方は専門医がいる専門クリニックで治療を受けるといいです。費用は保険適用となりませんから、全て実費です。
AGAスキンリニックの治療費用について
agaの治療では費用のことが気になりますが、育毛剤や育毛サロンでは限界がありますし、発毛率のことを考えればAGAスキンクリニックを利用したほうが総額ではムダがありません。