AGA治療ってどのくらいの費用が必要?

AGA治療ってどのくらいの費用が必要?

aga治療を行う場合には自由診療になるので費用がかかる!

 

agaは、男性型脱毛症のことで、主に髪の毛が抜けて頭髪が薄くなるにはまだはやい世代の人がなるものです。

 

男性の髪の毛は、その性質上、加齢によって薄くなるのが一般的で老年性脱毛症と呼ばれますが、まだ髪が抜けるにははやい20代から30代の場合には若年性脱毛症と呼ばれます。若年性脱毛症の場合には、額の生え際が後退していくM型と、頭頂部の毛が抜けてしまうO型などがあり、これが時として同時に進行するケースもあります。

 

脱毛症を発症すると、なんの対策も行わなければ進行が止まらないのが特徴で、一度失われた頭髪を取り戻すことが困難であるとされます。原因についてはM型は男性ホルモンの作用によって発生するものと考えられておりO型は頭皮の血行不良が原因と考えられています。

 

一方で、1980年代から1990年代に掛けて、これら脱毛症に有効な医薬品が登場しており、病院やクリニックなどでaga治療を受けることが可能です。

 

脱毛症の医薬品としては、有効成分のミノキシジルやフィナステリドの2つが有名であり、また実績のある医薬品として知られています。ミノキシジルはもともとは血管拡張作用のある薬としてアメリカで開発されたものでしたが、その副作用として薄毛の人が発毛することが確認され、脱毛症治療薬の有効成分として広く使われています。

 

アメリカではロゲイン、日本ではリアップという育毛剤に使われており、特にリアップは市販薬であるためドラッグストアなどでも購入することができます。

 

このミノキシジルは血行を良くすることであり、継続的に使用することで発毛を促すことができます。またフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の薬として開発されたもので、男性ホルモンに対して作用する有効成分でしたが、男性型脱毛症の原因であるとされるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑える作用があり、この結果、脱毛症に対しても有効であることから脱毛症治療薬としても使われています。

 

フィナステリドはプロスカーやプロペシアという名称で販売されています。なお、ミノキシジルは血行を良くすることで脱毛症を改善するため、女性も利用することが可能ですが、フィナステリドは男性ホルモンに作用するため、女性には使ってはいけない薬となっています。

 

これらの医薬品は実証されているものの保険の対象外であるため、病院やクリニックでのAGA治療は自由診療での治療になり、そのため費用も全額自己負担になり、最低でも1万円は必要になります。また処方される薬なども異なってくるため、自由診療とはいっても病院によって費用が異なってくるので注意が必要です。

 

これは一般の病院での治療は、脱毛症の進行を食い止めることに重きが置かれており、脱毛専門クリニックでは発毛までを治療の対象としているためです。

 

また専門クリニックでは、検査をしっかりと行い、その原因を突き止めてから治療を開始しますし、有効な治療薬のほかサプリメントなども処方して総合的に脱毛症を食い止め、また発毛までつなげるといった治療を行ってくれますが、一般病院では検査機材などが一般の治療に使われるものが中心であり、基本的に処方される薬も決まっているため、また脱毛症の進行を食い止めることが中心であるため発毛という点で実感を得られないデメリットがあります。

 

aga治療と市販の育毛剤の関係

aga対策に使われるものとしては、専門の医薬品のほか市販の育毛剤があります。

 

これらは髪の毛に良いとされる成分を多く含んだものであり、頭皮に散布することで、髪の毛を育てることができるというものです。発毛作用は期待できませんが育毛を通じて薄毛や脱毛症の進行を食い止める効果が期待できます。これらはミノキシジルやフィナステリドといった有効性の高い医薬品が登場するまでの薄毛治療として広く使われてきたもので、現在も多くの商品が販売されています。

 

育毛剤に含まれる主な成分としては、血管拡張作用、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌などです。血管拡張作用は、ミノキシジルと同様に頭皮の血行を良くし代謝を改善することができ、髪の生えようとする力を助けます。また保湿や消炎、抗菌は頭皮環境の改善につなげることができ脱毛症や薄毛の状態の改善に役立てることができます。

 

一方で発毛を謳う商品の種類によっては独自の男性ホルモンを抑制する作用や髪の毛に必要とされる栄養の補給、また毛穴の詰まりを改善する抗脂漏、角質溶解、抗酸化などの作用成分が含まれているなど、それぞれの商品で特色があります。

 

また一部の商品では、ミノキシジルのような医薬品に近い効果を謳っているものもあり、その種類は豊富ですが、これらは人によっては脱毛症や薄毛を改善できる場合もありますし、そうでない場合もあるので注意が必要です。販売しているのは主にドラッグストアや薬局などになりますが、通信販売も多く、この場合には効果が出なかった場合には返金保証を行っている商品も多くあります。

 

これらの成分とaga治療に使われる医薬品の違いとしては、国などから医薬品として認定されているかどうかになります。医薬品指定を受けるためには臨床試験を行い育毛や発毛といった内容を実証する必要がありますが、通常の育毛を謳う程度の場合には医薬品指定を受ける必要がありません。

 

そのため商品のカテゴリとしては医薬部外品のほか化粧品として登録されているものがほとんどですし、これらの認証を受けていない商品も多くあります。またシャンプーに、これら育毛成分を配合したものも多くあるなど医薬品などとは異なりその選択肢が幅広いといった特徴があります。

 

しかし、選択肢が幅広いこともあり、費用に関しては商品によっては安くなく、また確実性にも劣るため利用するには注意が必要です。

 

一番手軽な育毛シャンプーなどでも1ヶ月あたり2千円ほどから始められるものもあれば、場合によっては1万円を超えるものまでありますし、頭皮に直接散布するタイプでも1万円以下からそれ以上のものがあるなど値段の差が大きいものです。

 

特に1万円を超える程度になるとミノキシジルを含んだリアップなど医薬品とそれほど変わらなくなってきますし、リアップを含めて値段が高ければ必ず効果を得られるというものではありません。髪の毛を生やすためには、継続的に続けることが重要であり、1ヶ月程度ではなく年単位で取り組んでいく必要があります。

 

このためAGA専門クリニックの方が確実に脱毛症の原因を突き止めてくれ、その上で脱毛症の治療を行うため発毛に対する確実性は高いと言えますし、市販のものを使うよりも結果として費用を安く抑えられる場合があります。

 

aga治療と育毛サロンでの発毛効果の違い

aga治療の基本としては、頭皮にストレスを与えず、また髪の毛に必要な栄養素を与えるということです。このため育毛サロンと呼ばれるものもあります。

 

育毛サロンでは頭皮をケアすることで、発毛を促すというものであり、ミノキシジルやフィナステリドといった医薬成分を使わない特徴があります。

 

育毛サロンでのメリットは、医薬品を使わないため副作用の心配がないという点と頭皮環境を改善することだけで発毛を促すため継続的に薄毛の状態を改善できるという点があります。ただし発毛サロンは意外と費用が高く、また確実な発毛を得られるわけではないデメリットがあります。

 

一方でaga治療を行う場合には発毛が実証されており、確実性が高いといったメリットがあります。

関連ページ

病院でAGA治療をする場合の費用
agaは、男性の脱毛症の内の大部分を占めている症状で、医療機関での治療も本格的にスタートしています。治療内容は、効果が確認されている内服薬の処方が中心です。ただし、自由診療に分類されているので費用は全て実費となります。
AGA治療費用の考え方について
クリニックでの治療は費用が高額に見えますが、早く結果が出ますので高くはありません。しかも、発毛効果が早く表れますし、生活の制限がありませんので、長く続けたいaga対策に最適です。
育毛剤でのAGA治療の費用と効果について
agaの治療方法はいろいろありますが、手軽に始めることができる育毛剤を利用した場合、費用は安いものの発毛効果が期待できません。そのため、結果的にaga治療院を選択する人が多いです。
AGA治療費用の妥当性について
aga治療にはお金が掛かります。しかしながら安全性も高く、発毛効果も大きな治療ですので、費用の妥当性があると言えますし、改善効果の低い育毛剤などに頼るよりも有意義です。
育毛サロンにかかる費用と効果の限界について
aga治療といえばAGAスキンクリニックがあります。育毛サロンよりも高い発毛効果があり、医療機関でしかできない治療方法ができます。また費用はどのような治療法を用いるかで個人差があります。
薄毛治療の方法と費用の効果の比較
医療機関のagaの治療は、育毛剤や育毛サロンなどと比べると費用は高いですが、種類も豊富で効果や持続性が際立っていますので長い目で見るとこちらのほうがおすすめです。
薄毛治療はかけた値段と効果が比例する?
aga治療は様々なクリニックで提供されています。費用は高額と考えられがちですが、他では代えられない効果がありますので、薄毛に悩んでいるのであれば試してみる価値があるでしょう。値段に比例するかどうかは確約はできませんが、可能性は高まります。
薄毛改善におすすめのAGA治療と気になる費用
agaによる薄毛の場合には、育毛剤や発毛剤、発毛サロンを利用するよりも、治療院の薄毛改善を選んだほうが、費用は割高に感じられても安全性が高く、短期間で結果が出ます。